準 備 品
ロ、祭典用具
2、斎竹(いみたけ)−神様を迎える清浄な場所を示す結界の表示として、四方に青竹を四本たてる。
7、鎮物(しずめもの)
1、神籬(ひもろぎ)−榊に紙垂(しで)や麻をつけたもので、神様の依代(よりしろ)として設 ける。

ハ、準備品一式当社で用意致します。

6、刈初(かりぞめ)、穿ち初め(うがちぞめ)−鍬入れの儀(地鎮の儀)用具

神様に奉げるお供え物の総称、野菜、果物、乾物、魚、米、酒、水、塩等であります。

イ、忌鎌(いみかま)−設計事務所が行う。
3、注連縄(しめなわ)−斎竹の上部に張り巡らす縄。
8、玉串ー榊の小枝に紙垂をつけたもの。
ロ、祭典用具
ハ、忌鋤(いみすき)−建設業者が行う。
ロ、忌鍬(いみくわ)−施主が行う。
5大麻(おおぬさ)−榊に紙垂や麻をつけたもので、祭場、神饌、参列者等を祓い清めるのに用いる。
4、斎砂(いみすな)−盛り砂である。鍬入れ儀式に用いる。祭場の向かって右隅に設ける。
CopyRight (C) 2007   横浜熊野神社 Rites reserved